男性の更年期障害は30代から!?更年期が始まる年齢と症状について

女性とは違う男性の更年期は、ストレスがカギ

女性だけではない!男性の更年期障害とは?何歳から始まるの?

更年期=女性がくるものというイメージが強い昨今。40代から50代の女性は、そのころになると女性たちは女性ホルモンが減少し月に1度の月経が止まるようです。そうなると肩こりや頭痛、イライラや不眠症・ひどい場合はうつ状態にまでなってしまうのだとか!更年期障害ってキツそうだな……となんとなく思われているかもしれませんが、これは女性だけの話ではありません。
男性にも更年期障害はちゃんとあり、男性の更年期もまたしんどいのだとか!その上女性に比べて自覚しにくいとも言われています。そこで今回は、男性にも訪れる更年期障害の時期についてをさせていただきます。

女性の更年期障害は女性ホルモンが減少しだすために起きます。男性の更年期障害の場合は男性ホルモンが減少しだすために起きてしまうようです。女性の場合は月経が止まるという分かりやすい前兆がありますが、男性の場合はそうはいきません。
年齢を重ねるごとに男性ホルモンがゆっくりと減ってゆきますが、ストレスを抱える生活を送ってしまうと余計男性ホルモンが減りやすくなり更年期障害にどんどん近づいてしまうようです。つまり男性の更年期障害が起きる時期というと、責任が重い立場になったり、家で子供が独り立ちし家で寂しさが増しだす50歳前後だそう。

男性の更年期障害はストレスがカギになるために、更年期障害が訪れる歳は大きく差があるようです。男性それぞれがどんな仕事でどんな責任を持っているか・どんな家庭を持っているか・どんなライフスタイルを送っているのか・ストレスをどんな風に受け止めているのかが違ってくるからなのだとか。そのために、早い方ならば30代から、遅い方なら70代になってから更年期障害が始まるようです。

思い当たるフシがあるかも?男性の更年期障害の症状一覧。

男性の更年期障害の年齢と症状について

「ストレス次第で何とかなるのか!じゃあ自分の気持ち次第で更年期障害は乗り越えられるだろうな!」と思われたのではないでしょうか?確かに自分の気持ち次第で更年期障害は乗り切ることは出来るようですが結構難しいようです。

男性は女性とは違い、更年期障害がいつ起こるのか人それぞれですしわかりやすい前兆もないため、更年期障害だと自覚しにくいとも言われているみたいです。なんとなく不調でイライラしてしまう、でもまぁ大丈夫だろうと思い、我慢して過ごすというケースも多いのだとか。ですがどうやらそうはいかないところもあるようです。

男性の更年期障害の症状は、下記の様なことが起きます。もしも心当たりがあるのなら、自分一人で抱え込まずに病院に頼るといいのかもしれません。

疲れが溜まりやすくなってしまった。
身体が火照ったり、のぼせやすくなってきた。
トイレに行く回数が増えた。
神経質になり、不眠状態が続く。
イライラしたりやる気がでないなど鬱っぽくなる。
性欲が薄れてしまっている。
ED(勃起不全)になった。
太りやすくなってしまった。

抱えるストレスの大きさやストレスの感受性などから、子供を授かるであろう30代で更年期障害になる方もいらっしゃいます。EDになると子供ができにくくなるため、「誰でもなるから大丈夫」と楽観的にはなれそうにはないですよね?美容クリニックを頼ることで、EDを治療することができます。

人は同じだけのストレスを感じても、そのストレスでうつ病になるのか胃が痛くなるのか、肌が荒れるくらいで終わるのかは違うといいます。つまり誰だってストレスを抱えているから大丈夫という訳ではなく、ストレスでいつ更年期障害を起こすかは人によって変わってきます。
上記のような症状に心当たりがあっても、誰にも相談がしにくいというのなら内科や泌尿器科を受診してみるといいかもしれません。

男性の更年期の年齢まとめ

・男性の更年期障害は女性のように前兆がないため自覚しにくい。
・男性の更年期障害はストレスが大きなカギとなる。
・基本は50歳からだけど、早いなら30代・遅いなら70代から始まる。
・うつ病やED・メタボなどを引き起こす。


男性の更年期障害は女性とは違い、始まる年齢は大きく変わる。男性の更年期障害に心当たりがあるなら受診を考えてみて。