男性の結婚適齢期っていつ頃? 男性は何歳で結婚を考えるのか

男性にも結婚適齢期という概念はあるのか

独身に飽きて、そろそろ結婚を視野に入れようかとふとした時に考えられたことがあるかもしれません。今や「嫌婚」なんて言葉もあり、結婚なんてしたくない。縛られずに自由でいたいという考えの男性も増えてきているようです。さらに結婚したいと思える相手がいない、結婚ってなんか重い、子育てができる自信がない。こんな風に、自分自身に対する結婚へのメリットが考えられないという男性がなんと多いようで、だからこそ結婚から離れていってしまうようです。

ただ、いつまでも独身でいると「そろそろ結婚しようかな」と結婚についての話題が頭をチラつくのではないでしょうか?結婚して家庭を持ち、父親になる。独身のままい続けるというのは、こういった人生の選択を放棄するということと同義でありますから、これは何だかもったいないと思ってしまうのもわかります。現在の日本では晩婚化や生涯独身である確率も上がってきている時代。男性の5人に1人は独身とも言われています。そこで、バズーカ!では男性にも結婚適齢期はあるのかについて調べてみました!

参考:妊娠中に避けたい食材(chowder)

男性の結婚適齢期とは?男性の平均初婚年齢から考える


子どもの頃にはなんとなく「○○歳までには結婚しているのだろうか」とか「○○歳までには子どもがいるのだろうか」といったイメージを持っていたかもしれません。しかし、実際に大人になってみると「20代は仕事で経験値を上げないといけない」「今の給料では結婚なんてできない」「仕事が忙しくて恋愛している暇がない」といったいくつかの壁に当たってしまいます。そうしていつの間にか、独身のままオジサンと呼ばれる年齢になってしまった。こんな方も少なくないでしょう。ただ、子育てについて考えてみると、やはり男性にも結婚適齢期があるのは事実なようです。

結婚は今の時代、男性は平均初婚年齢は31.1歳とされていますが、これは地方になればなるほど平均初婚年齢というのは下がっていくようです。東京や笠名沢、千葉、埼玉といった首都圏よりに住んでいる男性のほうが平均初婚年齢というのは高く、東京は全国平均からプラス1.3歳である32.4歳とされているようです。全国的に晩婚化が広がっている時代であっても、地方側の方が早く結婚する方が多いようです。だからこそ、時々実家に帰ったら「結婚はまだ?」「いい人はいないの?」など聞かれることが多いのではないですか?他には、地元に残った同級生が結婚をしていて焦ったなんて方も、いらっしゃるかもしれませんね?

さらには、結婚をしないというのは確かに自由ではありますがそれに加えて、ある程度の寂しさや意外な障害というものも出てくるようです。それが、世間の目。なんと40歳にまで結婚をしないと出世に響いたり、周囲の目が厳しいという場合があるのだとか。さらにはいつかはモテなくなる年齢になってしまうし、年を取りすぎると婚活を行っても結婚ができにくくなってしまうというデメリットがあります。

ならば、男性の結婚適齢期とは一体いつ頃なのでしょうか?先ほどは男性は31歳ごろで初婚を迎えるのが平均だという話をしましたが、これを踏まえて結婚適齢期はいつごろかを考えてみました。

男性の結婚適齢期は30歳前後が目安

例えば、40歳で結婚して子供が生まれるとすると、定年期を迎える60歳に子供が成人するという計算になります。さらに40代という年齢には親の介護が必要となりだす時期でもありますから、40を過ぎて結婚をして子供を持つと考えると、少し遅いような気がします。実は男性の結婚適齢期には厚生労働省が統計を取っているものがあり、初婚を30歳ごろで迎える男性は、年齢を重ねて結婚するよりも人生計画を設計しやすいとされているようです。

また、30歳ごろとなると仕事に自信がつく年齢ではないでしょうか?仕事に自信が持つことができるようになれば、結婚という男性もいるでしょう。というのも、女性は妊娠や出産によってどうしても産休や育休、もしくは退社になってしまいます。男性も育休を取ることができるといいのですが、こんなご時世だとまだまだそういう訳にもいきませんから、どうしても女性からの収入が一度ストップしてしまう時間が出てきてしまうようです。

だからこそ、収入面では一度男性が家庭を支える必要性が出てきます。そういう事情がわかっているからこそ、仕事の経験値をある程度積み重ねてから立場を上げてから結婚にと踏み切れるようになる男性も少なくないようです。
また、30際ごろは独身という自由さに飽きだす頃。独身に飽きたら結婚に踏み切るというのも1つの手であるようです。友人はどんどん結婚していく中で、自分が一人取り残されていく。この状況に焦りを感じ始めたら、パートナーを真剣に探し出すのもいいでしょう。

男性の結婚適齢期について

・男性にも結婚適齢期があるのは事実。
・結婚は今の時代、男性は平均初婚年齢は31.1歳とされていますが、地方になればなるほど平均初婚年齢というのは下がっていく。
・40歳にまで結婚をしないと出世に響いたり、周囲の目が厳しいという場合がある。
・初婚を30歳ごろで迎える男性は、年齢を重ねて結婚するよりも人生計画を設計しやすい。


いかがでしょうか?30歳ごろから結婚をすると、実は人生計画表を立てやすいようです。

関連する記事