仕事のストレスが限界!イライラで引き起こされる病気と対策法とは

仕事のストレスが限界になると危険!イライラは本当はとても怖い!

会社に勤めるほとんどの方の場合、ストレスを感じますよね?誰もが抱えているのだから特に気にすることはないと思いがちになりますが、ストレスは甘く見れないもの。どんなストレスを抱え込んでしまっているのかは人によって変わってきます。例えば、自分が思っているよりも重くのしかかっていたり、小さなストレスをいくつも抱えこんでしまって潰れそうになる方もいらっしゃるかもしれません。中にはストレスによって頭痛がしたり、急に涙が出る、身体が重たいなどの症状も見られませんか?

これだってみんなそうだろうと思ってしまって深く考えないという方もいらっしゃるかもしれませんが、これは明らかに異常で、追い込まれていて自分自身へSOSを向けているサイン。ストレスが限界値を超えていて、やめるときには心身共にボロボロなのかもしれません。

ストレスを放っておくと最悪の場合は自殺という悲しい選択を選んでしまったり、そうでなくてもうつ病やあらゆる病気を引き起こし、普通の生活に戻るには時間を有する可能性も充分に考えられます。そこで今回は、仕事のストレスによって起きるうつ病などの病気について紹介いたします。

参考:イライラする人は依存症になりやすい(ripple)

仕事のストレスで出る病気一覧

仕事のストレスが溜まりすぎると、一体どんな病気を引き起こしてしまうのでしょうか?イライラしてばかりの日々を送っていれば、結末としてうつ病にたどり着いてしまいそうですよね?確かにうつ病も病気の1つですが、過度なストレスが原因で引き起こされる病気はうつ以外にもたくさんあります。では、一体どんな病気がストレスによって引き起こされるのでしょうか?一覧にしてみると、

  • 過食症・拒食症
  • 血便・血尿
  • 不眠症などの睡眠障害
  • 双極性障害・うつ病などの精神病
  • ニキビなどの肌荒れ
  • がん
  • 激やせ・激太り
  • 頭痛
  • 幻聴
  • 高血圧
  • 動悸
  • 腸炎
  • 適応障害
  • 手の震え
  • 統合失調症
  • 突発性難聴や耳鳴り
  • 脳梗塞
  • 血便や血尿
  • 情緒不安定
  • パニック障害

などなど、他にもストレスが原因で引き起こされる病気はあります。そしてみていただいてわかる様に、がんや脳梗塞など、非常に危険性が高い病気だって幾つもあるのが分かります。これを見ると「たかがストレス」や「イライラくらい誰だって感じているから大丈夫」とは思えないですよね?むやみやたらに我慢をしようとしていたら、逆に体を壊してしまい、上記のような病気を引き起こしてしまいます。

病気かどうかわからないという方は、会社に行くことを考えると憂鬱になったり、逃げ出したくなると感じた方は「イライライくらい」とは考えず、自分がかなり重症であると思うべきかもしれません。ここまで重症になってしまうと、遊びに行くことで出来る一時的なストレス発散程度だと間に合わないようです。仮に、その瞬間だけは仕事のことは考えなくてもいいかもしれませんが、遊び終わった後に「あ~、明日は仕事だ~」といった風に仕事のことを考えてイライラしてしまいます。
普通の症状程度の方ならば「まぁ頑張ろう」と軽い気持ちで済みますが、うつ状態の方だとこれでかなり頭を悩ませて涙が出てしまうという場合もあるでしょう。むしろ今まで楽しかった時間を過ごしていただけに、このギャップにキツさを感じてしまうかもしれません。これでは、息抜きが息抜きになっていませんよね?

休日症候群というものがあり、休日の夕方6時30分ごろになると「もう休日が終わってしまう…」「働きたくない…」と憂鬱になる症状となります。これは社会人や学生あるあるな考えではありますが、中にはこの休日症候群によって休日になにもしていない!とイライラして落ち着かなくなってしまうという方や、逆に休日が来るのが怖いという方もいらっしゃいます。

ストレス解消は意味なし?!仕事のストレスを根本解消するには?


ここまでくると、一時的なストレス解消では根本解決には至りません。意識を変えるという方法もありますが、意識を変える行動を実際にやってみても上手くいきません。つまり別の方法を考えるしかありません。
まず、仕事のどの部分でうまくいかないのかを考えてから、転職に踏み切るといいかもしれません。仕事の内容にイライラするのか、対人関係にイライラするのか、自分の不注意さにイライラするのか、仕事量にイライラするのか、上司にイライラするのか、空気が悪いのに寒気ができない環境にイライラするのか、理由はいくつもありますがざっと分けると「仕事内容や仕事への適性」「人間関係やコミュニケーション」「職場環境」の3パターンですよね?どれが原因になっているのかがきちんと把握ができれば、転職をした際に以前よりもひどい職場に当たった!というのはある程度避けられるかもしれません。

ストレスを取り除くには転職が一番です。仕事のことを考えると苦しいというのなら、一度仕事から逃げてください。「男なのに逃げるなんてかっこ悪い」「経済的に厳しい」などを考えられても、身体を壊して病院に行くようになれば会社を辞める以上に経済的に負担がかかってしまうようです。

仕事のストレスが限界の場合について

・ストレスを放っておくと最悪の場合は自殺という悲しい選択を選んでしまう場合がある。
・自殺を選ばなくても、うつ病やあらゆる病気を引き起こし、普通の生活に戻るには時間を有する。
・過度なストレスが原因で引き起こされる病気はうつ以外にもたくさんあります。
・身体を壊して病院に行くようになれば会社を辞める以上に経済的に負担がかかってしまう。


仕事によるストレスが原因である場合は、できるだけ早くの転職をオススメいたします!

関連する記事