デキる男に大変身!仕事ができる人になれる7つの仕事術とは?

仕事ができる人になるには何をしたらいい?

仕事ができる人になりたい!と思う時はどんな時ですか?勤めて数年は経つのにうまく上達できない、ちょっとしたミスが原因でしょっちゅう怒られる、一緒に入った同僚のほうが呑み込みが早く自分は遅い。こんな場面にぶち当たってしまうと仕事だけではなくいろんなことに嫌気がさしてしまいます。
「自分には才能がないから…」「どうしてうまく出来ないんだ」とネガティブ思考に陥ってしまいそうになりますが、ちょっと待ってください!実は仕事ができるようになれるコツが

今回は、具体的にどうすれば仕事ができるようになるのか。7つの仕事術をまとめてみました!ぜひとも参考にしてくださると幸いです。

仕事ができる人になる方法その1・優先順が分からないなら聞く。


仕事で大切なものとしてよくあげられるのの1つが優先順位。仕事にはよく期限がついてきますが期限ばかり気にして仕事を進めてしまうと、重要な仕事がいつの間にかおろそかになってしまっていた!ということがあるようです。

深く考えずに、目の前にある仕事から取り掛かると周囲からは「もっと大切な仕事があるよな!?」とツッコまれてしまいます。こっちは真面目に仕事を頑張っているのにその言いぐさは何だよ!と言いたくもなりますがぐっと我慢。優先順は自分の独断で決めるよりも、その仕事を与えた上司に聞くといいかもしれません。

仕事の期限のみで決めるのではなく、優先順位を決めて優先順位が高いものから仕事を片付けてみてください。重要な仕事から先に片づけることができたら、時間的にも精神的にも余裕が生まれるはずです!

仕事ができる人になるその2・コミュニケーション能力を上げる


コミュニケーション能力が高い方と、低い方のどちらが会社になじみやすいかというのなら前者ですよね?コミュニケーション能力が高い方のほうが馴染みやすく、周囲の人も助けてくれます。では、ここでコミュニケーション能力が高いというのはいったいどういう事なのでしょう?

面白い人・よくニコニコとしている人・積極的に話しかけてくれる人。こういった項目がありますが、会社でいうコミュニケーションが高い人というのは「説明がうまい人」も入るのではないでしょうか?説明がうまい人は、まず要件を先に説明に、その後で結論を述べて説明を付け加えます。
「説明がヘタな人」はまず要件を含めた説明から、話を始めてしまう方が多いような気がします。まとまりがなくなんだか言い訳っぽくて「聞こう」という気持ちを削いでしまいがち……。

説明をするときはまず要件、そして結論から。「でも」といった言葉はなるべく使わないことが大切。もし説明から入らないと分からなくなるというのなら、少し頭でまとめてから相手に説明をするようにしてみるといいかもしれません。焦るとつい説明から入りがちになってしまいますから、一呼吸置くことが大切みたいです。

仕事ができる人になるその3・しっかり休んで疲れをとる


仕事ができる方は休む時はしっかり休んでいる方が多いようです。実は休む時にしっかり休むというのは、日本人は苦手なのだとか!今日の日本は努力が美化されすぎていて、無理にでも働こうとする国民性が染みついており、それが人を追い込んでしまうみたいです。世界の仕事事情を見ていると、残業はほとんどしない・仕事中にガムを噛むなど、そのあまりの緩さに驚くばかり。ただ、これは世界が緩いのではなく日本が厳しすぎるだけ。

休みの間にゆっくり過ごして疲れを取ることを意識してみてください。休日にしたいことを行ったり、睡眠をしっかりとったり。疲れが取れないなら、美容クリニックで疲労回復効果を持つ点滴を受けるのも1つの手のようです!趣味に興じたり、時には医療機関を利用することで、パワフルに仕事を進める事ができるようになるはずです!

仕事ができる人になる方法その5・デスク周り・データは整理整頓を。


具体デスク周りがゴチャゴチャとしていると、何かを探す際に時間がかかってしまいます。またデスク周りだけではなくパソコンに入れているデータもごちゃごちゃとしていたら、データを探し出すのに時間がかかってしまいます。たとえ短時間でもこれがほぼ毎日探すようなことになれば大幅な時間ロスに……。その上具体大切な集中力までもガッツリとそいでしまいますよね?

そこで大切なのがデスク周りやパソコンのデータを整理しておくこと!物の定位置を決めておくことで物をすぐに探し出すことができ、効率よく仕事もできます。また、パソコンのデータを整理整頓する方法として、棚の画像をデスクトップにするといいようです!具体デスクトップの棚の中にデータやファイルを入れて定位置を決めると、データやファイルを探しやすくなるのだとか。ぜひお試しあれ!

仕事ができる人になる方法その6・目標を周囲の方に話す


仕事に目標を定めた時、自分で「これをしよう!」と自己完結するより、周囲に話すことで仕事に対する意欲を持ち続けることができます。さらに周囲に話すことで緊張感が生まれ、何とか仕事をやり遂げようという気持ちにもなりますよね?

これで仕事をやり遂げることができれば周囲からの評価はぐっと上がるはず!また、できなかったとしても仕事をやり遂げようと努力する姿はしっかり周囲の方に知ってもらうこともできます。周囲に話してしっかりと結果を出すことができた時、周囲からは相当かっこよくみられることでしょう!

仕事ができる人になる方法その7・しんどいという気持ちを切り替える


あなたにとって、仕事はどんなものだと考えていますか?「仕事はしんどいものだけどお金を稼ぐためにもしなくちゃいけないもの」と思われているかもしれません。ただ、この気持ちを「仕事がちゃんとできるようになりたい!」「自分を変えたい!」という気持ちに切り替えることが大切。最後はやっぱりメンタル面が関係してくるみたいですね?

近年はブラック企業が非常に多く、転職サイトにも「この会社はブラックか否か」みたいな項目をよく見かけます。ブラック企業に勤めているのなら気持ちを切り替えることは不可能ですよね?ひどい場合は勤めている人間が自殺を考えるところさえあります。ただ、そんなところは止めてしまった方がずっといいです!「仕事=しんどい」としか思えないのなら、いっそのこと転職をしてしまった方がいいかもしれません!

仕事がデキる男になる方法まとめ

・仕事の優先順位は独断で決めない。優先順は仕事を渡した常識に聞いてみる。
・デスク周り・データは整理整頓を行う。デスクトップに棚の画像をいれると整理できる。
・休日はしっかり休みをとったり、仕事では言い訳がましい説明をしない。
・仕事がしんどい以外に考えられないのなら、その仕事は止めた方がいいかも。


仕事ができるかどうかというのは、自分で決めるのではなく周囲の方の評価から決まるものではないかと思います。この7つを実践することできっと大人の男性として成長することができるはずです!

関連する記事