EDの予防方法

EDの予防方法についてどうしたらいい?

今や、成人男性の3人に1人が罹っているといわれる現代病の1つがED(勃起不全)。「性欲があってちゃんと興奮だってしているのにもかかわらず勃起できない」「勃起が継続せず挿入しても抜けてしまう。」こういった悩みに心当たりがあるなら、もしかしたらEDかもしれません。
パートナーとの夜が楽しめず、別れる原因にもつながることがあるED。まだなっていないという方でも、3人に1人と言われていますから将来かかる可能性だってあります。
EDの主な原因として、ストレス・加齢・生活習慣・神経障害・事故・病気や薬の6つが上げられます。この6つの原因は現代社会を生きる方には当たり前のように存在するものばかりで、一体どのように気を付ければいいか分からなくなるかもしれません。でも、しっかりと予防を行えばEDを防ぐことができます。そのためここでは、EDの予防法について詳しく説明を致します。

まず、勃起というのは簡単に説明をすれば血が陰茎に流れて硬くなること。ここでEDに罹っている方の場合は、陰茎に流れ込む血の量が少ないため、十分に勃起することができません。つまり血の流れを悪くしてしまうと、EDに罹りやすいということになるようです。
高血圧や糖尿病、肥満や動脈硬化などの生活習慣病に罹っている方は普通の方に比べて血の流れる量は少なくなってしまいます。裏を返せば生活習慣病を防ぐために規則正しい生活を行えば、EDを予防することができるということです。
しかし、忙しい現代社会に生きる私たちにとって、生活習慣病にかからないための規則正しい生活ってなかなか送ることってできませんよね?そこで、特にED予防に大切な食事・生活習慣・運動・ストレスの4つを上げさせていただきます。

ED予防・食事について

食生活が乱れて好きなものしか食べない。そんな日々が続いてしまうと様々な病気を呼び寄せてしまいます。万病の元と呼ばれる肥満は食事から始まりますが、食事に気を付けることで肥満やEDだけではなく肥満から作られる様々な病気も同時に防ぐことができるようになります。
生活習慣病は血の流れを悪くする病気が多いのですが、そもそも血管に障害をもたらす病気はすべてEDに直結する可能性があります。つまり生活習慣病の予防に専念するということは、EDや動脈硬化などの恐ろしい血管にまつわる病気も予防することが可能という訳です。

ED予防・生活習慣について

生活習慣と言っても、ここでは食事や運動の話は除外して、お酒とたばこの話をします。お酒を飲んだ後、うまく勃起しなかったという経験がある方も多いかと思われますが、これがまさにEDを引き起こす作用ということになります。アルコールが引き起こすEDはアルコールが抜ければ元に戻りますが、だからと言ってがぶ飲みはNG。
アルコールは飲む量を守れなリラックス効果や性欲増大の効果などがあり良いものでもありますが、飲みすぎればEDの原因となってしまいます。

さらにたばこは、タバコに含まれるニコチンが血の流れを悪くさせるためEDになる可能性は相当高いです。他にもタバコはさまざまな病気を呼び寄せます。百害あって一利なしですから、タバコはすぐにでも禁煙した方がいいかもしれません。

ED予防・運動について

運動をすると心臓がドクドク鳴ってるっていう経験、誰でもありますよね?心臓はすなわち血を送るためのポンプでありますから、運動を行えば血の流れがよくなりEDを防ぐことができるようになります。また、肥満の予防にもなりますし結果的に生活習慣病ののようにもなります。
ただ、年齢に合わせた適度な運動を心がけた方がいいようです。無理に運動を行って怪我を負ってしまったら本末転倒になってしまいます。
ウォーキングやジョギングだけでも効果を発揮しますし、スクワットなども下半身の運動になりますから効果的と言われているようです。

ED予防・ストレスについて

過去に追ったトラウマや、日々に重なるストレスがEDの原因の中でももっとも多いといわれています。一番いいのはストレスの元から逃げることですが、それが難しいですよね?
例えば自分なりにリラックスできる方法を探す、パートナーがいる方はパートナーに話を聞いてもらうというのも1つの方法です。胸に溜まるストレスは口に出すことで全然変わります。自分の中にため込んでしまえば必ず無理がたたりますから、そこは注意された方がいいようです。

いかがでしょうか?EDと一言で言ってもさまざまな原因があり、それに沿った予防法もあります。男性は特にストレスが溜まっても誰にも言えないという方が多いようにありますが、そういった時は好きなことに走ったりパートナーに寄りかかるのも手です。またほかにも、EDの悩みを抱えている方はEDについて医師にカウンセリングを受けに行くというのも手の1つ。
自分で出来る範囲の事は自分で予防し、出来ない部分は人に頼るというのも立派な予防法です。