汗は臭いものではない!ワキガの臭いの原因であるアポクリン汗腺とは

日本人は10人に1人がワキガの悩みを抱えているそう。それくらいワキガというのは男性にとってとても身近な話題でもあります。ワキガというのは汗をかくことでニオイが生じるという認識であると思いますが、ただ汗そのものって実は匂いがしないのだとか!!それなら、なぜワキから出た汗って臭うのでしょうか?

ワキガの臭いの原因であるアポクリン汗腺って?

汗を出す汗腺というのは実は1種類だけではなく、エクリン汗腺とアポクリン汗腺の2種類に分かれていると言われており、この2種類に分かれている汗腺はそれぞれ違った成分が含まれている汗が出ます。最初に書いた「臭いのしない汗」はエクリン腺という汗腺から分泌される汗であり、エクリン腺は身体のほとんどにあります。この汗は99%が水分で出来ているため、触った感じはサラっとしていて臭いがしない汗となります。上がりすぎた体温を下げる役割があり、また保湿や免疫力があり、こちらはむしろ「良い汗」と呼ぶべき汗になります。

問題になるのが、「アポクリン汗腺」から出る汗。これがワキガの原因となりニオイを作ります。アポクリン汗腺から出る汗はアンモニアや鉄分・たんぱく質や脂質、糖質などが含まれておりちょっとねばっとしています。アポクリン汗腺から出る汗そのものは臭いはありませんが、この汗が皮膚に存在する菌と混ざることでワキガが発生します。

ワキガの原因であるアポクリン汗腺はモテるために大切!?

「何で2種類もあるんだよ!1種類でいいよ!」まったくもってごもっともな意見ですが、実は2種類あるのはちゃんとした理由があります。エクリン腺は体温調節の役割があり、そしてアポクリン汗腺はフェロモンの役割を持ちます。

つまり、ワキガはかつて異性を誘惑するフェロモンの役割があったのです。あの3大美人の1人である楊貴妃もワキガ持ちであり、その匂いで男性を虜にしたという説があるほど!調べてみるとニオイの元になるアポクリン汗腺は、脇以外にも乳首回りや性器など性的な部分に多いのだとか。性的な部分から出るニオイ=フェロモンだと考えると確かに納得がいきませんか?

動物や昆虫も臭いで求愛行動や威嚇を行っていたように、人間もまた臭いを扱っていたという訳なのです!

今の時代もワキガの男はモテるのか

ただ、人間がニオイで相手を誘惑していたのははるか昔の話。片手に治まる機械に曲が何百と入る時代なのにワキガで異性を引き付けることほぼ不可能ですよね?人類すべてがワキガで人を誘惑できるのならば婚活なんていりません……。「男の人のワキガが好き!」という女性もいらっしゃるみたいですが、そのような女性は少数派、むしろワキガを嫌う人のほうが圧倒的に多いものです。

今は男女ともにワキガを抑えることがエチケットとされています。強すぎるニオイは人を不快にさせますし、場合によってはニオイで頭痛がするという方もいるのが現実です。ワキガを抑える専用の薬やスプレーはもちろんありますが、それだけではワキガの臭いをほとんど抑えられないという方もいます。ワキガは美容クリニックで手術をし治療することができます!

ワキガとアポクリン汗腺の関係の話まとめ

・ワキガの臭いの原因はアポクリン汗腺という汗腺からの汗。
・アポクリン汗腺の汗が皮膚にある菌と混ざりワキガになる。
・ワキガのもともとの役割はフェロモンであり、異性を引き付けるものだった。
・今はもうワキガはモテるものではない。


臭いのキツいワキガは手術が必要になります。自分の臭いが抑えられないのなら手術を考えてみるといいかもしれません。

関連する記事