薄毛の薬にはミノキシジル!使用前に知りたい効果と副作用の話

薄毛やAGAに効果を発揮するミノキシジルとはどんな薬?

薄毛や抜毛に悩んで頭が痛い……。これ以上ハゲたくない!どうにかして髪の毛を復活させることは出来ないの?そんな方によくオススメされるのが、ミノキジル。ただ、名前はよく聞くけどミノキシジルって一体どんな薬なのかと聞かれると、よくわからないという方も多いのでは?
ミノキシジル=薄毛やAGAの治療薬というイメージしか湧きませんが、実際はどんな薬なのでしょうか?本当に薄毛・AGAに効果があるのか、副作用などは大丈夫なのか。今回はミノキシジルとは一体どんな薬であるのかをまとめさせていただきました。

ミノキシジルとは、発毛剤配合成分でありAGAや薄毛の治療によく使われる薬です。ミノキシジルは薄毛やAGAというイメージが強いですが、本来は高血圧を抑制するための薬であり血管を拡張させて血行を良くするという効果を持った薬と言われています。
ただ、高血圧抑制として服用していた方の体毛が濃くなったり毛が生えてくるようになってきたことでミノキシジルはハゲにも効果を発揮するのでは?と見られ今に至るというわけです。ミノキシジルは病院に行けば内服薬・外用薬のどちらでも処方してもらうことができるようです。

薄毛やAGAに効果的なミノキシジルの効果

ミノキシジルにはどのような発毛効果があるのかというと、「血管の拡張」「頭皮への栄養補給」「毛包への直接的な働きかけ」という3つの大きな効果があります。この3つの作用が働くことでハゲをしっかりと治すことができるようです!

血管の拡張

そもそも薄毛や抜毛などのハゲというのは血の流れが悪くなるのも原因の1つとして数えられることが多いようです。中年の方の場合お酒やストレス、脂っこい食事などで血管が萎縮をしてしまうようになるみたい。
血管が収縮したり脂が詰まってしまうと血行が悪くなってしまい、髪の毛のサイクルが乱れてしまいます。これが髪の毛に悪影響を与え毛髪サイクルを止めてしまい、髪の毛が生えなくなってしまうのだとか。ですがミノキシジルで血管を拡張させることで毛髪サイクルを再び動かし、髪の毛が生えることができるようにしていきます。

頭皮への栄養補給

ミノキシジルは血管を拡張させることでもう一つ、頭皮に栄養がしっかりと行くようにしてくれます。血行不良となってしまうと頭皮に行き届く栄養素の量も減ってしまいます。そもそも髪の毛に回る栄養素って、実は後回しなため、初めから頭皮に行く栄養素は決して多いとは言えないようです。それなのに血管が狭くなってしまったら髪の毛に行く栄養素は本当に少なくなってしまいます。

髪の毛の成長には、タンパク質やカルシウム・亜鉛やビタミンが必要と言われていますが、こういった栄養素がしっかりと髪の毛に行き届かせるようにするためにも、血管を拡張させて頭皮に行き届く栄養を増やします。つまり、血管を拡張させることで頭皮への栄養素も増えるという訳です。

毛包への直接的な働きかけ

ミノキシジルには、血管を拡張させるだけではなく毛を包み込む組織である毛包にも直接働きかけるという力も持っています。ミノキシジルは毛細血管から栄養素や酸素を受け取る毛乳頭を通じて、髪の毛を作っていく毛母細胞に直接働きかけることで細胞分裂を促し、髪の毛を太く強くするという働きがあります。
髪の毛が伸びるスピードをあげながらも髪の毛を強くしてくれるという訳です。

薄毛は解決できるけど…ミノキシジルの副作用って?

薄毛=ミノキシジルというイメージがありますが、ミノキシジルには副作用もついてきます。代表的な副作用として、低血圧や動悸(不整脈)・多毛症・性欲減少・肌荒れが発表されています。

低血圧・動悸(不整脈):

ミノキシジルを使っていると、低血圧になったという話があります。もともとミノキシジルは高血圧に悩む患者さんに使われる薬なので当然といえば当然としか言いようがないみたいです。
ただし元から低血圧気味だという方は注意が必要かもしれません。急に立ち上がったら立ちくらみがした、悪寒がする、なんとなくダルいという症状が低血圧なので、ミノキシジルを使ってからこのような症状が出始めたら、医師への相談をしてみるといいかもしれません。

さらに、低血圧になったら不整脈になったり動悸がしたりという症状も出てきます。低血圧になってしまうと血管が拡張しても血液を送り出す力が弱いため、血行不良が起きてしまい心肺機能にも影響が出るようです。そのため動悸や息切れ、不整脈といった症状が出てきてしまうようになるのだとか。

多毛症:

ミノキシジルを使用すると、頭皮だけではなく体中に運ばれていくため、体中の体毛が濃くなってしまいます。そのため、クリニックやサロンで身体の脱毛を行っている方でもどうやら濃くなってしまうようです。

性欲減少:

ミノキシジルを服用していて性欲が落ちたという症例もあるのだとか。これはごく稀ですがこのようなことも起きております。また、たまに「ミノキシジルを使っていたらEDになってしまった」みたいな話もあります。
ただ、ミノキシジルを使ってEDになったというのははっきりとした根拠がないため、ミノキシジルが原因でEDになってしまうというのはどうやらデマだと考えでもよさそうです。

肌荒れ:

ミノキシジルを使用したとき、頭皮が痒くなったり炎症が起きる場合もあるようです。また、他にも血管が拡張することで栄養が全身に行き渡りやすくなると、皮脂の分泌も盛んになってニキビができやすくなってしまうようです。
外用薬を使うことで頭皮に炎症を引き起こしたり痒くしてしまい、内服薬でニキビができやすくなったり肌荒れがしてしまうみたいです。

薄毛治療薬・ミノキシジルが向いていない人とは?

ミノキシジルは非常に高い発毛効果がありますから、そのために副作用も多少はあります。薄毛やAGAに悩んでいる方でぜひミノキシジルを使いたいという方には、薄毛やAGA治療を行っているクリニックへカウンセリングを受けに行くといいようです。

また、ミノキシジルは血圧を抑制する薬を飲んでいる方や子供が欲しいと思っている方、今は禿げていないけど予防をしたいという方は使用を控えた方がいいといわれています。
これはミノキシジルは血圧を抑制する薬と共に飲んでしまうことで、血圧が下がりすぎてします。また、子供が欲しい!という方もミノキシジルは性欲を下げてしまうため注意がいるようです。さらにミノキシジルはハゲ予防には効果を発揮しませんから、髪の毛がフサフサな方には効果を発揮しないといわれています。

薄毛・AGAの治療薬のミノキシジルまとめ

・「血管の拡張」「頭皮への栄養補給」「毛包への直接的な働きかけ」でハゲを治していく。
・低血圧や動悸(不整脈)・多毛症・性欲減少・肌荒れが副作用に見られる。
・性欲が落ちるという副作用があるが、ミノキシジルが原因でEDになってしまうというのはデマ。
・ミノキシジルはハゲ予防には効果を発揮しない。


ミノキシジルは副作用がありますが薄毛に対して、強い効果を発揮する治療薬でもあります。

関連する記事